平ゼミ

平ゼミ · 2019/09/20
2019年9月6日・13日の2日間、平ゼミの3・4年生は越谷市立新栄中学校の2年生4クラスを対象としたビブリオバトル・サポート活動を行いました。初日は、大学生によるビブリオバトル公式ルールの説明とデモンストレーションからはじめて、つづいて生徒と一緒に発表に向けた準備作業に取り組みました。2日目は、最初に各クラスでグループ予選とクラス代表決定戦、つぎに体育館に場所を移してクラス代表者による学年代表決定戦が繰り広げられました。今回は平ゼミとしては初となる中学校での普及活動で、ビブリオバトル初体験の生徒がほとんどでした。最初は3分という発表時間の長さに驚いていましたが、練習を重ねるうちにペースを掴み、逆に時間内にどのようにまとめようかと苦労するほどに目一杯、本の魅力を紹介していました。質疑応答では発表者自身に関する質問もしばしば登場し、「本を通して人を知る」というビブリオバトルのスローガンが早くも生徒に浸透しているように思われました。また、どのような状況でも柔軟に進行を行うゼミ4年生の姿、平ゼミを卒業して現在新栄中学校に勤務する先生の指導する姿を拝見して、自分の周りにはすごい先輩がたくさんいるなと改めて感じました。皆さんに追いつくべく、これから日々精進して参ります。今回はこのような貴重な機会を設けてくださりありがとうございました (文責:平ゼミ3年 福島)。
平ゼミ · 2019/08/12
2019年8月7日から9日にかけて平ゼミ3年生は大阪へ研修旅行に行きました。
平ゼミ · 2019/07/27
2019年7月26日金曜日、平ゼミ3・4年生は東京国立博物館において開催中の特別展「三国志展」を鑑賞しました。
平ゼミ · 2019/07/20
2019年7月16日火曜日、平ゼミ3・4年17名が埼玉県立越ヶ谷高校においてビブリオバトルのサポート活動を実施しました。
平ゼミ · 2019/07/07
学校司書を対象にしたビブリオバトル研修会に参加しました!!
平ゼミ · 2019/04/16
歴史学研究会主催のシンポジウムに参加しました!!
平ゼミ · 2019/04/12
平ゼミ新歓合宿が開催されました!!
平ゼミ · 2019/03/21
昨年度に引き続き、4年生から卒業メッセージをいただきました。それぞれのメッセージを受けとったときには、これまでの習慣なのか、ついつい朱ペンを準備しそうになりましたが、もうその必要はありません。正直、寂しさを感じますが、「時が来たら誇りを持って脇にどけ」。この2年間、平ゼミで活躍した卒業生たちのメッセージをご紹介させていただきます。...
平ゼミ · 2019/03/20
平ゼミには大学院に進学する卒業生がいますが、そのほとんどが教育学系の大学院ではありません。今年は近藤くんが埼玉大学大学院人文社会科学研究科(博士課程前期)に合格しました。これから大学院進学を希望する現役生のために、近藤くんにアドヴァイスをもらいましたので、紹介したいと思います。...
平ゼミ · 2019/02/24
2019年2月23日、わたしたち平ゼミ生は、移住者と連帯する全国フォーラム・東京2019プレフォーラム主催のシンポジウム《私も言いたい移民政策~外国人労働者受入れ政策を問う~》(明治大学)に参加してきました。昨年秋の臨時国会で入管法改正案が可決成立し、今年4月から外国人労働者の受入れ拡大が見込まれています。しかし、外国人労働者との「共生」のための具体的な方略は依然として不明瞭である現状を受けて、2019年6月1日・2日に開催予定の全国フォーラムの前に、今回のシンポジウムが開催されました。当日は多くの参加者で会場が埋めつくされ、日本で実際に働いた経験をもつ移住者の実体験や、各分野の専門家による発表・パネルディスカッションを拝聴しました。日本で働く外国人労働者が過酷な条件の下で労働を強いられており、その根底には外国人に対する非条理な差別的感情が横たわっている現実を目の当たりにして、大きな衝撃を受けました。また、外国人労働者の受入れを通じて、現代の日本社会が内包する様々な問題が顕在化している一方で、その実情が殆ど知られていないことも深刻な課題であると痛感しました。シンポジウムの最後には質疑応答が予定されていましたが、予定時間を待つことなく多くの参加者による活発な質問、意見が飛び交っていたのはとても印象的でした。ときにはその発言を巡り激しい議論が繰り広げられるなど、会場の白熱した雰囲気に終始圧倒されました。私は「外国人労働者受入れ」を卒業論文のテーマにしようと考えています。その意味でも、今回のシンポジウムはとても充実した学びの場となりました。このような機会を提供して頂きました平先生に、僭越ながらゼミ生を代表致しまして感謝申し上げます(文責:平ゼミ2年 牧)。

さらに表示する